英和・和英辞典

英語例文

英語類語

共起表現

英単語帳

英語力診断

英語翻訳

スマート翻訳smart.png

英語の勉強コラム


トップページ > 英文メールフォーマット・テンプレ > 英語のビジネスメールで「了解」「了解しました」「理解しました」「わかった」「分かりました」(わかりました)と言いたい時の表現:「noted」など

英語のビジネスメールで「了解」「了解しました」「理解しました」「わかった」「分かりました」(わかりました)と言いたい時の表現:「noted」など

ビジネスなどで英語のメールのやりとりをする際で、「了解」「了解しました」「理解しました」「わかった」「わかりました」と言いたい時の表現には以下のようなものがあります。

▼「了解」「了解しました」
内容を確認したことだけを伝える簡単な表現(省略形なので社内のやりとりなどで使われることが多い。)

  • Noted.
  • Noted with thanks.(何か頼みごとをしていたときの返事で感謝の気持ちをこめる場合)

相手の依頼を受けて「当然そうしますとも」「もちろんです」と言う場合の返事(丁寧な表現でもある。)

  • Absolutely.
  • Certainly.

了解しました、大丈夫ですの意

  • That would be fine.

▼「理解しました」
あなたの言う意味がわかりますよ、と状況に理解を示す場合

  • I get the point.
  • I understand.

▼「わかりました」「わかった」と内容を確認、理解したと伝えたい場合の簡単な返事

  • Okay.
  • All right.
  • Understood.

上記はいずれも内容を理解し、承認したこと伝える返事です。
「承認した」という意味を含めず、単に「メールを受け取った事実」を伝えたい場合は以下のように長い文章で伝えた方がよい場合もあります。

  • 貴信了解しました。
    I have received your correspondence.
  • 12月 3 日付のお手紙落手いたしました。
    I’m in receipt of your letter dated December 3rd.
  • 今週末の営業会議の件、了解いたしました。
    I acknowledge the sales meeting at the end of this week.

最後に、日本語は状況依存的な言語であるため、英語にする際は同じ言葉でもそれぞれの状況に合わせて訳しなおす必要がありそうです。


同じカテゴリーの別の記事
This entry was posted on Saturday, October 6th, 2012 at 6:05 pm and is filed under 英文メールフォーマット・テンプレ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

©2013 Weblio RSS