英語で住所を書く場合「中央区」や「大田区」はどう書けばよいか


日本の住所を英語で書く場合、ほとんどの地名がローマ字表記で書かれるのと同様、「中央区」のような地区名もローマ字で「Chuo-ku」のように表記するのが一般的です。

「中央区」は長音を含むため、ローマ字表記でも「Chuo-ku」「Chūō-ku」「Chuuouku」などの表記パターンが考えられます。これらの表記は、「慣用的にChuo-kuの表記が多く使われる」ということは言えるとしても、どれが正解でどれが不正解だといった区別があるわけではありません。

中央区を、「中央=center」と解釈して、「Centre Ward」と訳するケースも、場合によってはあり得ます。ただし、こうした事例は「中央区」という言葉の字義を解説する場合の書き方であると言えます。「海外サイトの通販で送り先の住所を記述する」ような場合は、まず「Chuo-ku」で問題ありません。

要は、読み手が「“Chuuouku, Sapporo” ……ああ、札幌市中央区のことね」と、理解できればよいのです。

 

東京都大田区の場合も、住所の書き方としては「Ota-ku」が一般的と言えます。「Otaku」や「Ootaku」と表記しても誤りではありませんが、いくぶん理解されにくくなるかもしれません。また、住所でなく行政区分として表記する場合は「Ota City」とするのが一般的です。

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる