英語で「大阪府大阪市」や「京都府京都市」などの住所はどう書くか


日本の住所を英語で記述する場合に、「県」や「区」といった行政区分を示す語は省略される場合が少なくありません。例えば大阪は単に「Osaka」と書く、京都は「Kyoto」と書く、といったケースが多々あります。

kyoto

では大阪府大阪市は「Osaka, Osaka」と書くのかというと、必ずしもそうではありません。

実際のところ、住所の表記・書き方はにはマチマチです。そして、それらはどの表記が正解でどれが誤りという代物ではなく、いずれもが住所の表記として問題ないものといえます。

大阪府大阪市此花区に本社を持つユニバーサル・スタジオ・ジャパンの運営企業である株式会社ユー・エス・ジェイの公式サイトでは、英語の住所において「Osaka」を1つしか表記していません。

2-1-33 Sakurajima, Konohana-ku, Osaka

 

大阪市北区に本庁舎がある大阪市役所も、公式ウェブサイトでも、「Osaka」は1つです。

1-3-20 Nakanoshima, Kita-ku, Osaka

 

同様に、京都府京都市に所在する京都大学(吉田キャンパス)の所在地案内でも、「Kyoto」は1つです。

Yoshida Honmachi, Sakyo-ku, Kyoto

 


大阪市以外の府内の市町村では、「大阪府」を指して「Osaka」と表記している場合が多くあります。

新関西国際空港株式会社は大阪府泉佐野市にありますが、所在地の英語表記は大阪府が「Osaka」となっています。

New Kansai International Airport Company Building 1-banchi,
Senshu-Kuko Kita, Izumisano-shi,
Osaka 549-8501, Japan


日本の住所を英語で書く場合、一般的には、住所の表記や言い方にこだわりすぎずに書くことが大事と言えます。住所を読む必要がある用途は、多くが郵便物の配送やタクシーの送迎などで、いわば「国内で従事する人=日本人」に読んでもらうものです。つまり、「読み手(の日本人)に理解してもらいやすい」表記であることを重視した方が、目的を達成しやすいのです。

 

大阪府東大阪市の司馬遼太郎記念館の場合、次のように表記しています。

3chome 11-18,Shimokosaka Higashiosakashi Osakafu

 

住所でなく 行政区分としての大阪府、大阪市を明示する場合には、「Osaka Prefecture」や「Osaka City」のように表記する場合もあります。

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる