英語の住所の「ZIP Code」と「Postcode」、「Postal Code」の違い


英語の住所を入力する際、ほぼ必ず「ZIP Code」という表示に出会います。また、「Postcode」や「Postal Code」などが並んで記載されている場合もあります。

「ZIP Code」はアメリカで導入されている郵便番号制度を指す呼び名で、5桁の数字で米国の各都市(city)までを特定することができます。9桁に拡張したZIP Codeも使用されています。

「Postcode」はより広く「郵便番号」を指す語です。主にイギリスで導入されている郵便番号制度を指す場合が多いですが、他の国の郵便番号制度も含みます。例えばオーストラリアの郵便番号もPostcode。日本の郵便番号(〒)も英語ではPostcodeと呼ばれます。

「Postal Code」は「Postcode」の別名、異表記です。

なお、イギリスのPost Codeは「W2 4NT」や「WC1X 9HX」のように英数字を両方用いる方式で、都市名だけでなく通り(street)まで判定できるようになっています。

 

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる