英語の「過去形」と「過去進行形」の違いと使い分け方


782911828

英語の時制のひとつである過去形は過去の出来事や動作、状態を表現します。

過去形の中には過去進行形といった文法的表現があります。

過去形は過去のある時点での出来事や動作を説明する際に用いられ、過去進行形は過去の一定の間起きた出来事や動作を示す際に用いられます。

過去形と過去進行形の用法と違いを理解して、迷わず使い分けられるようにしましょう。

過去形の意味と用法

過去形は、過去のある時点での出来事や動作を描写する際に用いられます。過去進行形と比較して、過去形は過去単純形とも呼ばれます。過去形は日本語では「~した」「~だ」などと訳されます。

過去形を表す際には、基本的に動詞の原形に「-ed」を語尾につけて表記します。一般動詞の中には語尾に「-ed」をつけずに独特な変化をする不規則動詞があります。

たとえば「She went to the hospital yesterday.」は過去形を用いた文です。yesterday という過去の一時点に起こった動作を表現しています。

I played baseball.
私は野球をしました。 – Weblio Email例文集

She went to the hospital yesterday.
彼女は昨日、病院に行った。 – Tanaka Corpus

I bought a camera two days ago.
私は二日前にカメラを買った。 – Tanaka Corpus

過去形は何かがなされた瞬間や短い時間の出来事を表せる

過去形は、単に、過去の出来事や動作を表すだけではなく、過去になされた出来事や動作の瞬間や極めて短い時間の出来事を表現できます。過去進行形では基本的に、過去の動作の瞬間や短い出来事を表現できません。

たとえば「I broke my leg.」は過去に起きた短い時間の出来事を表現しています。broke は「折る」を意味する動詞 break の過去形です。

「I made it!」も過去形特有の表現といえます。この場合の made は何かが達成された瞬間を示す過去形の動詞です。進行形のように「I was making it!」などとは表現されません。

I broke my leg.
私は足を骨折した。 – Tanaka Corpus

I made it!
やった! – Eゲイト英和辞典

過去進行形の意味と用法

過去進行形は、過去に継続して起きた出来事や動作を説明する際に用いられます。過去進行形はたいてい、日本語で「~していた」「~しているところだった」と訳されます。

過去進行形は「was/were+動詞の現在分詞形」の形で表記されます。was は主語が単数の際に用いられ、were は主語が you もしくは複数の際に用いられます。

Jane was playing the piano then.
そこでジェーンとピアノを演奏した。 – Weblio Email例文集

We were just eating dinner at that time.
私たちはその時、夕食を食べているところでした。 – Weblio Email例文集

I was wondering about that the whole time.
私はずっと疑問に思っていた。 – Weblio Email例文集

過去形と過去進行形の違い

過去形と過去進行形の意味上の違いは文中に表される過去の出来事や動作が継続していたかどうかです。過去形は過去のある時点での出来事や動作を表します。過去進行形は過去に継続して起こった出来事や動作を示します。

したがって、過去の出来事や動作を単純に表現したい場合には過去形を、過去の出来事や動作が進行中であったと表現したい場合には過去進行形を用いるとよいでしょう。

過去形と過去進行形を使うときの注意

過去形と過去進行形をうまく使い分けないと、言い誤る場合があります。たとえば「I slept at 10pm.」と「I was sleeping at 10pm.」とでは、意味が異なります。「I slept at 10pm.」は「私は10時に寝た。」を意味する文で、「I was sleeping at 10pm.」という文は「私は10時には寝ていた。」を意味します。

「I slept at 10pm.」は10時前は起きていたこと、10時に寝始めたことを示しています。その一方で「I was sleeping at 10pm.」は10時前にすでに寝ていたことを意味しています。

もし誰かに昨日の過ごし方を聞かれ、昨日の9時には寝ていたのに「I slept at 10pm.」と答えると、嘘をつくことになってしまいます。

I slept at 10pm.

I was sleeping at 10pm.

過去形と過去進行形はよく同時に用いられる

過去形と過去進行形は、接続詞 when を伴って、よく同時に用いられます。このとき、文中での役割として、過去形は過去の「動作」を表現し、過去進行形は過去の「状況」を表現する、と説明する場合があります。

「I was watching TV when the telephone rang.」は「~するとき」を意味する接続詞 when を用いた文です。過去形と過去進行形の両方が用いられています。rang は「鳴る」を示す ring の過去形です。

このとき、過去進行形を含む節「I was watching TV」は「私はテレビを見ていた」と、過去の「状態」を示しています。その一方で、過去形を含む when節「when the telephone rang」は電話が鳴ったという「動作」の役割を果たしています。

I was watching TV when the telephone rang.
テレビを見ていると電話が鳴った。 – Tanaka Corpus

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる