英語サイトの住所入力欄「address line」にある「address1」の書き方


海外通販サイトなどでは、住所入力欄に「address line」や「city」、「Region」などの項目があります。

また、address lineは「address 1」、「address 2」と複数行用意されている場合が多くあります。「address 3」まであることもあります。

address欄には、記入例が添えられることもありますが、物を日本宛に送ってもらう目的の場合は、日本国内で通じる書き方(一般的な英語の住所の書き方)で基本OKと考えましょう。

「#部屋番号、建物名、番地、地域名、区」などの順序で書いていけば理解してもらえます。

国名は、日本に向けて発送する段階で必要となるため、「JAPAN」だけは所定の位置に明記する必要がありますが、日本に到着してからは日本の配達員さんが配達するのに参照する部分です。

英語圏のサイトは日本語が扱えないので、どうしても英数字の表記で書く必要がありますが、他の点については、特に英語としての(文法的な)正解があるわけではないので、厳密さを目指して考えすぎないようにします。

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる