英語の住所でマンション名・アパート名・ハイツ名・ビル名を書く場合の順序


英語の住所でビル名・マンション名などを表記する場合、気をつけるポイントとして「順序」と「表記」があります。

ただ、ある程度の原則が守られていれば、住所としての機能は果たしてくれるので、「唯一絶対の正解」のようなものを探してへとへとにならないよう注意しましょう。

住所を書く順序

順序は、一般的に先頭に記します。「建物名、番地、地区名、・・・」の順に書くのが一般的です。

例えば、六本木ヒルズ森タワー「森美術館」の所在地は次のように記載されています。

53F Roppongi Hills Mori Tower ,
6-10-1 Roppongi, Minato-ku,
Tokyo, JAPAN

 

部屋番号は、番号を表す記号である「#」を使用します。301号室の場合「#301」のように書きます。

書き順は「部屋番号、建物名、番地、地区名、・・・」の順が一般的ですが、「建物名、部屋番号」の順で書いても、特に問題なく扱われます。

#301 Kawai Mansion, ・・・

Kawai Mansion #301 , ・・・

 

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる