英語の「従位接続詞」の種類、機能、使い方


shutterstock_472148302

従位接続詞は等位接続詞よりも種類が多く、覚えるのは大変ですが、従位接続詞を学ぶことで長い文章を読みこなせるようになります。はじめに主節と従属節の役割を確認しておくと理解が深まります。

従位接続詞とは

従位接続詞を使った文章の場合、一つのセンテンスは主節と従属節に分かれます。センテンスを主節と従属節の関係に分け、2文をつなぐのが従位接続詞の役割です。

従位接続詞を理解するために、まず主節と従属節を理解しましょう。

主節は文章における節の主従関係のうち「主」になる側の節です。つまりメインの内容です。一方で従属節は文章における節の主従関係のうち「従属」になる側です。つまり補足的な内容です。

主節と従属節の見分け方は、接続詞が先頭にあった場合は接続詞からカンマまで、接続詞が文に組み込まれている場合は接続詞以下が従属節です。

Our house was robbed [broken into] while we were away.
空巣狙いにやられた. – 研究社 新和英中辞典

上記の例文では、whileという従位接続詞を用いてour house was robbedとwe were awayという2つの節が合体しています。この文のメインはour house was robbed(主節)で、補足部分はwhile we were away(従属節)です。主節(家が荒らされた)だけでも意味が通じる一方で、従属節(私たちが外出している間)だけでは意味が通らないことからも、主節と従属節の関係は分かるはずです。

時を表す従位接続詞

after

afterは基準より後を表す接続詞です。日本語の「~の後に」「~してから」に相当します。

I will go home after I do the shopping.
買い物をしてから家に帰ります。 – Weblio Email例文集

as

接続詞のasは同時性をコアに持ちます。いくらかの意味がありますが、時を表す接続詞として使った場合は日本語の「~のとき」に相当します。前置詞として使った場合は「~として」です。

He came in as I went out.
彼は僕と入り違いに入って来た – 斎藤和英大辞典

as soon as

as soon asはsoonの「すぐに」という意味から分かるように、「~してすぐに」と訳されます。as soon as possible(できるだけ早く)は覚えておくべき重要表現です。

As soon as he went out, it began to rain.
彼が出かけるとすぐ雨が降り出した。 – Tanaka Corpus

before

beforeは基準より前を表す接続詞です。主に時間を表し、位置を表す場合は比喩的な意味になることが多いです。日本語の「~の前に」に相当します。

Please eat it before it gets cold.
それが冷める前に食べて下さい。 – Weblio Email例文集

till、until

till、untilは日本語の「~まで」に相当する時間や動作の継続期間を表す接続詞です。前置詞の用法もあり、その場合by(~までに)との混同に注意しましょう。

He kept on drinking, till he came to grief.
相変らず飲んでいるうちにとうとうしくじった – 斎藤和英大辞典

Until he comes, I cannot go away.
彼がくるまで私は行けません。 – Tanaka Corpus

once

onceは「一度~すれば」という日本語に相当します。ifの代わりとして用いられることもあります。副詞のonce(一度、かつて)と混同しないように注意しましょう。

Once you make your choice, it must be for better or for worse.
いったんきめたら換えられぬ – 斎藤和英大辞典

while

whileは「~の間に」と訳されます。duringも同じ意味ですが、duringは前置詞なので注意してください。

Did you enjoy yourself [have a good time] while you were away?
旅行はいかがでしたか. – 研究社 新和英中辞典

when

whenは物事が起こる時点、時期あるいは場面を導入します。日本語の「~のとき」に相当します。使われる頻度が非常に高く重要です。

When it rains, it pours.
降れば土砂降りとくる – 英語ことわざ教訓辞典

whenever

wheneverは「~するときはいつも」と訳されます。譲歩節を導いて「いつ~しようとも」という使い方をすることもあります。

Come and see me whenever you went to.
いつでも来て下さい。 – Tanaka Corpus

since

sinceを接続詞として使うと「~して以来」という意味になります。また、「~なので」というbecauseと同じ意味で使うこともできます。

It’s been a long while since we had such fine weather.
しばらくぶりのよい天気だね。 – Tanaka Corpus

原因、理由、目的を表す従位接続詞

because

becauseは、「~なので」と訳されます。最も一般的な原因・理由を表す接続詞です。前置詞として用いることはできず、前置詞として用いる場合はbecause ofやdue toを用います。

She is out because she is sick.
彼女は病気で欠席です – Eゲイト英和辞典

I can hardly see anything because of the fog.
霧でほとんど何も見えない。 – Weblio Email例文集

now that

now thatは「今や~なのだから」と訳される接続詞です。

Now that the examination is over, I feel much relieved.
試験がすんで気がのんびりする – 斎藤和英大辞典

seeing that

seeing thatは、「~だから」「~という事実から見ると」と訳されます。seeにはもともと「見る」「考える」という意味があるので、「~と見ると」「~と考えると」という風に考えれば「~だから」という理由を表すことが分かります。thatは省略可能で、seeing asに書き換えることもできます。

Seeing that you’re not surprised, I think you must have known.
驚かない所をみると知ってたのね。 – Tanaka Corpus

since

sinceは、「~以来」のほかに「~なので」という原因・理由を表す接続詞として用いられます。文頭に置かれることが多いです。

Since I was tired, I went to bed early.
疲れたので早く寝ました。 – Weblio Email例文集

譲歩、条件、対比を表す従位接続詞

while

whileは「~の間」のほかに「~の一方で」という対比を表す接続詞として用いられます。

He likes sports, while I like books.
彼はスポーツが好きだが私は本が好きだ. – 研究社 新英和中辞典

though、although

thoughとalthoughは対立する状況を述べて「…という事実にもかかわらず」の意を表します。butと同じ意味ですが、butは等位接続詞ですので用法の違いに注意しましょう。

Although [Though] he is young, he is very dependable.
若いが頼みになる人だ. – 研究社 新和英中辞典

as、according as

同時性を表すasには「~につれて」「~にそって」という意味があります。according asとしても同じ意味です。

As we go up, the air grows colder.
上に登るにつれて空気が冷たくなる. – 研究社 新英和中辞典

You can go or stay, according as you decide.
君の決定しだいで行ってもいいしとどまってもいい. – 研究社 新英和中辞典

as far as

as far asは範囲を表し、「~の限り」という日本語に相当します。

As far as I can, I’ll help you.
出来る限り、お手伝いします。 – Tanaka Corpus

if

ifは「もし~ならば」と訳され、条件を表す節を導きます。最も基本的な、条件を表す接続詞です。

If you drive, don’t drink.
乗るなら飲むな。 – Tanaka Corpus

unless

unlessは「もし~でなければ」と訳され、if notの書き換えとして用いられます。

You’ll never know unless you try.
物は試し。 – Tanaka Corpus

in case

in caseは日本語の「~の場合」に相当します。「~の場合に備えて」「~するといけないので」といったニュアンスを含みます。

Please contact me in case you will be absent from this class.
このレッスンを休む場合は必ず連絡して下さい。 – Weblio Email例文集

prividing、provided

providing、providedは接続詞として用いると「もし~ならば」という意味になります。ifと同様に使えますが、ifよりも文語的です。また、providingはprovidedよりも口語的です。

I’ll take the job providing (that) I am given Saturdays off.
土曜日を休みにしてくれるならその仕事を引き受けましょう. – 研究社 新英和中辞典

I will accompany you provided (that) I’m well enough.
体の具合がよければご一緒します. – 研究社 新英和中辞典

supposing、suppose

supposing、supposeは「もし~ならば」という意味です。providing、provided、ifと同様に用いられます。supposeに「考える」「想定する」という意味があることから、「~と考えてみれば」という仮定の表現につながることが分かります。

Supposing you can’t come, who will do the work?
君が来られない場合だれがその仕事をしますか. – 研究社 新英和中辞典

Suppose that we miss the last train, what should we do?
もし私達が終電に乗り遅れたらどうする? – Tanaka Corpus

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる