イギリス英語に独特のスラング表現6選


イギリスを中心に用いられる独特の英語表現は「イギリス英語」と呼ばれます。アメリカ英語で学んでいると接する機会のない言い方が色々あります。

英語にも地域差があります。その代表的な区分がアメリカ英語とイギリス英語でしょう。日本で「英語」というと、たいていアメリカ英語が前提されているため、イギリス英語の表現は意識しないとなかなか身につきません。特にスラングはイギリス英語に特化した教科書・参考書でもなかなか出会えません。

イギリス英語のスラングに接する機会があったらすかさず覚えてしまいましょう。

minging

mingingは「気持ち悪い」「不快だ」といった意味で用いられるスラングです。発音は「ミンギン」のように聞こえます。

アメリカ英語の gross、disgusting、revolting に相当する形容詞です。

You are minging. Stay away from me.
気持ち悪い!近づかないで

chinwag

chinwagは「おしゃべりする」「世間話をする」といった意味で用いられるスラングです。発音は「チンワグ」のように聞こえます。動詞の他に名詞としても用いられます。

アメリカ英語では chat が最も近い語彙といえます。gossip に置き換えることもできるでしょう。

Would you like to chinwag over a coffee?
コーヒーでも飲みながら少し話さない?

as thick as two short planks

as thick as two short planks は「鈍感」「愚鈍」な様子を形容するスラングです。文字通りにいえば「2枚の短い厚板くらい厚い」といったところですが、その理由(愚かさの比喩に転じたきっかけ)は今ひとつはっきりしていません。

アメリカではstupid、clumsy、denseなどの語で表現されます。

She is a very skilled tennis player, but she’s as thick as two short planks.
彼女はとても技術の高いテニス選手だが、とても鈍感である。

give someone a bell

give +人+ a bellは「(人に)電話をかける」という意味のスラングです。

アメリカ英語では give someone a call、give someone a ring といったスラング表現が一般的に使われています。

Please give me a bell when you get there.
ついたら電話してください。

knackered

knackeredは「くたくたに疲れた」「ひどく壊れた」という意味のスラングです。

アメリカ英語ではexhausted、worn outなどのように表現できます。

You must be completely knackered.
あなたはへとへとに疲れたでしょうね(Weblio Email例文集)

chuffed

chuffedは「喜んでいる」「機嫌が良い」という意味のスラングです。

アメリカ英語ではhappy、glad、pleased などの語で表現できます。

I had just moved into a new apartment and was pretty chuffed about that.
新しいアパートに引越して、とても満足していました。

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる