「乗る」を表す英語「take」「ride」「get」の使い分け方


shutterstock_345007310

乗り物に「乗る」と表現する英語の動詞は複数あり、乗り物の種類や乗り方などに応じて使い分けられます。

主に用いられる動詞には takerideget があります。

乗り物を「利用する」のか、あるいは乗り物に「乗り込む」のか、という観点も持っておきましょう。「乗り込む」という意味の「乗る」は、副詞を加えた副詞句の形でうまく表現できます。

乗り物を「利用する」場合(take、ride、get)

take は移動手段として使うイメージ

takeは「乗り物を移動の手段として利用する」という意味で捉えられます。自動車、電車、バス、飛行機などに乗る場合はtakeで表現できます。「電車を使って行く」のイメージで捉えてもよいでしょう。

He takes the bus to work
彼は、働くためにバスに乗る (日本語WordNet)

ride は乗客として運んでもらうイメージ

rideは主に馬、自転車、バイクなどの「またがって乗る」移動手段に乗る動作を指しますが、またがる乗り物の他に「運んでもらうために乗る」という意味でも用いられます。車両に乗客として乗り込んで運ばれて行く、という意味を示す場合には、自動車やバスや電車などに乗る場合でも ride が用いられます。

サーフィンで「波に乗る」という場合は「ride on the waves」や「ride the waves」のように表現できます。これも波に乗って移動していくイメージから捉えられます。

You can go anywhere if you ride a bike.
あなたはバイクに乗ればどこへでも行ける。 (Weblio Email例文集)

Surfers rode on the crests of the waves.
サーファーたちは波頭に乗った. (研究社 新英和中辞典)

get は乗るためにつかまえるイメージ

getは、バス、電車、タクシーなどの公共の乗り物を利用する場合に使用されますが、利用したい(乗りたい)対象を探す・見つける・確保するというイメージを含みます。「タクシーを捕まえる」というニュアンスで捉えてよいでしょう。

Could you tell me where I can get a train?
電車はどこで乗れますか。 (Tanaka Corpus)

乗り物に「乗り込む」場合(get on、get in)

「乗る」は「乗る」でも乗り込む動作を表現する場合は、副詞句の形で表現されます。

比較的大きな乗り物は「get on」「get onto」で乗る

get onおよびget ontoは、電車、バス、飛行機、船といった、悠々と乗り込める大きな乗り物に用いられます。

この規模の乗り物を「降りる」場合はget offと表現されます。ちなみに「馬を降りる」と言う場合もget offといいます。

He got on the bus without knowing where to go.
彼はどこに行くとも知らずバスに乗った (Eゲイト英和辞典)

Where did you get onto this bus?
このバスにどこで乗りましたか. (研究社 新英和中辞典)

I get off the bus.
私はバスを降りる。 (Weblio Email例文集)

比較的小さな乗り物は「get in」「get into」で乗る

get inおよびget intoは、自動車・タクシーのような比較的小さな乗り物に乗り込む場合に用いられます。体をまげて中に入り込む乗り物などに適した表現です。

この規模の乗り物を「降りる」場合にはget out ofが使用されます。

She tried to get in the car.
彼女は車に乗ろうとした。(Weblio Email例文集)

Get into the car.
車に乗って。 (Tanaka Corpus)

She will get out of the taxi in front of that building.
彼女はそのビルの前でタクシーを降りる。(Weblio Email例文集)

硬い表現の「board

boardは、乗り物に乗り込む堅い表現として使用されます。船、バス、飛行機などに乗船、乗車、搭乗するなどの表現になります。「乗り込む」だけではなく「乗り込ませる」というニュアンスも含まれた表現です。

He boarded his yacht and embarked on a cruise around the world.
彼は自家用のヨットに乗り込むと世界一周の航海に出発した (Eゲイト英和辞典)

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる