英語習得のメリットを改めて自覚しよう


英語学習はかなり地道な取り組みです。なぜ英語習得を目指すのか、ともすると目的を見失いがちです。学習意欲の維持・向上のためにも、英語を習得する目的や意義、得する部分を改めて振り返ってみてはいかがでしょうか。

英語は学業や仕事で役に立つ

英語が読めると、それだけでアクセスできる情報の幅が格段に広がります。情報が増えればアイディアが増え、アイデアの選択肢が広がります。活動の幅も日本国内にとどまらず、海外に出ていくという選択肢が拓けます。とにかく英語は世界とコミュニケーションを取るための手段となります。

交友関係が広がる

数年前と比べると、日本にいても外国人と接する機会が格段に増えています。海外からの留学生、職場の同僚、クライアントはもちろん、カフェで隣に座っているのが外国人ということも珍しくなくなってきています。

外国人は日本人と比べ、初対面の人と話が弾みやすいため、彼らと英語でコミュニケーションが取れることで交友関係が広がっていきます。交友関係が広がることで、今まで会う機会がなかったような人に出会うことができ、より豊かな人脈を構築することができます。

自分に自信がつく

英語を習得することは、自身以外の努力では成し得ません。この自分の力でなにか大きなことを乗り越えた、ということは自分にとって大きな自信に繋がり、今まで挑戦してこなかった領域、分野にも手を出してみようという姿勢に繋がります。英語を習得するには多くの苦労、時間もかかりますが、その苦労・時間と比べると、とプラス思考が働きます。

性格が変わる

英語を習得することで寛容になります。一口に英語といっても、人種・国籍あるいは個人レベルでさまざまな「英語」があります。第二言語として英語習得を目指す多くの人は、なるべく多くの人の「英語」を理解・吸収しようとするので、人の話をよく聞くようになります。また、相手に英語で伝えたいことを伝えられないもどかしさを経験しています。この経験をしていることで、相手のことを思いやる姿勢が自然と身に付き、人・物事に対して寛容になれるのです

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる