完全否定と部分否定だけではない、覚えておきたい否定表現の英文法


woman-notebook-working-girl英語の否定の形はnoやnotを使用して表されることがほとんどです。表現できる意味合いは単語の組み合わせで否定の度合いが異なります。

完全否定と部分否定

完全否定は「全く~ない」

1. 「not any~」「not anything~」

I did not meet any one.
誰にも逢わなかった。   (斎藤和英大辞典)

I do not know anything.
何も知らない。   (斎藤和英大辞典)

2個目の例文は、「I know nothing.」と言い換えることも出来ます。否定語とanyを組み合わせることで、否定が強調された表現となります。

2. None of~が含まれる

None of this concerns me.
これは私には何も関係がない。

3. Not a が含まれる

Not a man answered.
だれ一人として答えなかった。

neverやneitherも同様に全否定を示す否定語として冒頭や文中で使用されます。notやnoを「少しも~」「決して~」という意味を表す単語と組み合わせることで強い否定を表現できます。

部分否定は「全て~という訳ではない」

1. 「not every~」「not everything~」

Not everyone can succeed.
皆が皆成功できるわけではない。

部分否定と完全否定の見分け方のコツとして、否定表現がeveryに係る場合は部分否定、否定表現がanyに係る場合は完全否定と見分けられます。

2. 「all」「both」「always」などの単語も使用される

Life is not all fun.
いい事ばかりはない。   ( 研究社 新和英中辞典)

It is not always the case.
そうとばかりはいえない。   ( 研究社 新和英中辞典)

否定語と一緒に「全て~」「いつも~」という意味を表す単語と組み合わせ否定をすることで、部分的な否定の表現となります。

3. 「not much~」「not many~」は見落としやすい部分否定

He is not much to blame.
罪が軽い。   (斎藤和英大辞典)

There are not many people who are investing.
投資をしている人は少ないです。   (Weblio Email例文集)

「さほど~ない」「あまり~ない」というニュアンス。不可算名詞の場合はmuchを、可算名詞の場合はmanyが使用されます。

NoやNotを含まない否定表現

「ほとんど~ない」を表す否定の形

「few」「liitle」「hardly」など

He has (very) few friends.
彼には友だちはほとんどない。

There’s little hope.
希望はまずない。

I can hardly believe it.
ほとんど信じられない。

seldomなどの表現もある。「a few」「a little」のように冠詞aを置くと「少しある」と異なる意味になることも注意が必要です。

また、littleは思考・意識に関する動詞「know」「imagine」「expect」などの前に置くことで完全否定と同様の「全く~ない」という意味で使えます。

I little expected her coming back to me.
彼女がぼくのところに戻ってくることはほとんど期待していなかった。   (Eゲイト英和辞典)

否定を表す慣用句

1.  「the last person to~」 決して~ない

He’d be the last person to do something like that.
彼に限ってそんなことはしない。   (Weblio Email例文集)

2. 「~anything but~」 決して…ではない

I will do anything but that.
そのほかのことなら何でもする, そればっかりはご免だ.

3. 「far from~」少しも…でない

He’s far from happy.
彼はちっとも幸福ではない。   (研究社 新英和中辞典)

これらはNoやNotなどの否定語を含まない否定を表現する慣用句です。また、文脈によってはこれらの慣用句が必ず否定的な意味を表す訳ではないということに注意が必要です。

否定の言葉を使用して肯定を表す

二重否定

He boasted that there was nobody he could not defeat.
彼は自分に勝てる者はだれもいないと豪語した。    (研究社 新英和中辞典)

A young man is nothing if he has no spirits.
青年は元気だけの取柄だ。    (斎藤和英大辞典)

否定語を文中で2度使用することで、意味が打ち消しあい肯定の意味を表します。butやwithoutも否定語と一緒に使用することで二重否定を表現できます。

There is no pleasure without pain.
楽あれば苦あり。   (研究社 新和英中辞典)

類似したWeblioの記事:
Weblio英会話コラム「否定文のmuchやmanyは《部分否定》となる点に注意」

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる