チャンツは中学生そして大人の英語学習にもオススメ


happy-286152_640

英語の発音の練習法にチャンツ(chants)と呼ばれる方法があります。

チャンツはもともと「歌」という意味で、とりわけ宗教的な場面でリズムに合わせて唱える歌(詠歌、聖歌)のことを指します。英語学習においては、英語文を一定のリズムで繰り返し発音する練習法のことを言い、英語を習いはじめたばかりの中学生に向けた授業で多く取り入れられています。

チャンツで英語を学習する利点 その1

チャンツを用いた英語学習の利点1つめは、楽しく英語の例文を覚えられるということです。英語の文法学習をはじめると、「主語-動詞-目的語」のような日本語と違う語順、「a」や「the」などの冠詞をつける決まりなど数々の英語のルールに頭が混乱し、英語に苦手意識をもってしまいがちですが、チャンツでは細かいルールがまだ頭で理解できなくとも、よく使う英語フレーズを暗記することができます。チャンツで覚えた例文は、自分が何度も発音したことのある生きた英語として、その後の文法理解にも役立ちます。

チャンツで英語を学習する利点 その2

チャンツで英語を学習する利点の2つめは、英語独特のリズムを体得できるということです。英語のリズムに慣れることは、話す・聞く・読むという総合的な英語力のアップにつながっているのです。チャンツを繰り返し口ずさむことで、一文のなかでも強く発音するところ、ゆっくり発音するところなどが感覚的にわかるようになり、英語文をスムーズに声に出せるようになります。すると、相手の話すリズムも予測できるようになるため、英語を聞き取る力もぐんと上がります。英語で会話するための力がつくだけでなく、文章を読む力もつきます。英語のリズムを体得すると、長い英文もテンポよく読むことができるようになり、英語記事などの文章を読むスピードも上がるというわけです。

日本語や英語、どの言語にもそれぞれのリズムがあります。頭で考えているだけではリズム感は理解できません。チャンツで楽しく口を動かし、英語をまるごと身につけていきましょう。

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる