英語の発音に欠かせない「シラブル」


シラブルは、発音を1拍1単位と捉える数え方です。

英語ではシラブルが、発音の基礎的なまとまりとして扱われます。日本語と英語ではシラブルの感覚が異なるため、英語の発音を学ぶにあたり障壁となりやすい部分です。

日本語は母音1つで1拍、1シラブルと数えます。原則的に1文字は子音と母音の組み合わせで1シラブルを構成するため、(「ん」のような例外もありますが)把握に困難はありません。

英語の場合、母音は母音1つで1拍、1シラブルと数えますが、子音と母音の組み合わせは日本語のように画一的ではなく、さまざまなパターンを把握する必要があります。子音の後は必ずしも母音とは限りません。結果、4文字で1シラブルということもよくあります。

日本語と英語のシラブルの対照

例えば「I like it.」という一文について、日本語として読み上げる場合、「アイライクイト」の7シラブルになります。ところが同じ「I like it.」の文を英語で読み上げると、発音は「アィ ラィ キッ」のような音になり、たった3シラブルです。

likeとitは繋げて発音されることが多いため、keiが混ざったような音となります。また、最後のtも舌を口の上につけ跳ねさせるように発音するのですがはっきりとした発音はしません。

日本人はあまり母音を意識して言葉を話さないため、無意識に英語の母音が無い部分に母音を付け足して発音してしまいます。アクセントが置かれている部分に意識しながら英語の発音を練習してみましょう。

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる