英語でじゃんけんする時の「あいこ」の掛け声


rock-paper-scissors-156171_640

ジャンケンは英語では「Rock, paper, scissors」のように言います。「あいこでしょ」は言いません。

ジャンケンは日本ではじまり、しかも江戸時代以降と比較的最近になって成立した遊びと言われています。(原形といえる手遊びははるか昔からあるようですが)

英語圏でも知られており、もっぱら「Rock, paper, scissors」と呼ばれています。日本のじゃんけんと同様に、グーは石、チョキはハサミ、パーは紙にそれぞれ見立てられた三すくみです。

Rock-Paper-Scissors: You vs. the Computer

ジャンケンする際のかけ声は「Rock, paper, scissors」の三拍子、あるいは、「One two three」のような言い方が使われます。

「あいこでしょ」に当たる英語は特にない

「あいこでしょ!」に相当する英語の掛け声は実はなく、再び「Rock, paper, scissors」=ジャンケンポイを繰り返す言い方が普通です。

ただし、あくまでも一般論ではあります。全英語圏に該当するとは到底いえません。日本国内ですらジャンケンは地域によって言い方にかなりの違いが見られます。

「最初はグー!」という掛け声も特にありません。

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる