すぐに使えるおしゃれな英語のスラング表現


pyramid-669729_640

英語にも省略表現がカッコよくなるという感覚があるようです。

若者が使うスラングや省略言葉にもおしゃれな英語が多いのですが、一目では意味が分かりにくいものがあります。

「Wussup (What’s up?)」
「元気?調子はどう?」と親しい仲の友人同士で使用される挨拶の表現です。メールでは短く「sup!」と使用されることもあります。

「xoxo (hugs and kisses)」
「ハグ&キス、抱擁とキス」は口語ではなくメールや手紙の最後の結びとしてよく使われます。家族や恋人、親友に対して使用することがほとんどです。普段から別れ際にハグやキスをする人が多い西洋の習慣から生まれた挨拶表現です。

「YOLO (You Only Live Once)」
「人生は一度きり(思い切ってやってしまおう!考えても仕方ない!)」という省略言葉です。カナダ出身のラッパー、ドレイクが自身の曲で使い始めたことをきっかけに広まったと言われています。

▼Wussup?!

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる