アメリカ英語の地域による訛りの違い


英語はイギリス訛りやアメリカ訛りなど各国それぞれの訛りがあります。 しかし、アメリカ訛りといっても一つではなく、国内にも様々な方言があります。代表的なアメリカ訛りとしては「南部訛り」「ニューヨーク訛り」「ハワイ訛り」が挙げられます。

南部訛り

アメリカ南部のヴァージニア、ケンタッキー、テキサスなどの地域で話される英語を指します。話し方は比較的ゆっくりとしていて、母音を引き伸ばす発音や、独特の言い回しで「you are」を「you all」や「y’all」と言う特徴があります。

ニューヨーク訛り

アメリカ北東のニューヨーク、ブルックリンやブロンクスといった街で話される訛りです。南部に比べ話すスピードが速く、言葉のアクセントをはっきりと発音すします。しかし、世界各地からの移民が流入するニューヨークは、はっきりとした方言の定義は難しいとも言えます。

ハワイ訛り

ネイティブハワイアンの言語と混じりハワイには独特の表現が言い回しがあります。代表的な「アロハ」はハワイの人の挨拶や愛を伝える言葉としして使われています。また、アジア・太平洋系の移民が多いため彼らが話す英語はPigeon Englishと呼ばれることもあります。しかし、多くのハワイに住む2世3世は英語を母国語として育ったため、訛りは強くないと言われています。

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる