シェイクスピアの「人生」に関する名言一覧


シェイクスピアの劇中に登場する名文句の中でも「人生」「人生観」に関する、特に皮肉の効いた名言一覧です。

King 1977

 

When we are born, we cry that we are come
To this great stage of fools.
人が、生まれるときに泣くのは、この
馬鹿共の立ち回る世界に出て来てしまったことを嘆いているのだ。

The Tragedy of King Lear (リア王)

 

If chance will have me king, why, chance may crown me,
Without my stir.

もし私が王になる運命なら、特別なことをしなくても
運命が私を王位へと導くだろう。

The Tragedy of Macbeth (マクベス)

 

But, O, how bitter a thing it is to look into
happiness through another man’s eyes!

しかしまあ、なんと辛いものだろうか、
他の奴の目を通じて幸せを見遣るというのは。

As You Like It (お気に召すまま)

 

Words without thoughts never to heaven go.
思いの込められていない言葉が天に届くことは決してない。

The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark (ハムレット)

 

Fair is foul, and foul is fair:
Hover through the fog and filthy air.

良いというのは悪いことだ、悪いことはよいことだ。
さあこの靄がかったひどい空を飛んでいこう。

※「Fair is foul, and foul is fair」は坪内逍遙の
「きれいはきたない、きたないはきれい」の訳でも有名です

The Tragedy of Macbeth (マクベス)

 

Nay, then, thus:
We came into the world like brother and brother;
And now let’s go hand in hand, not one before another.

まあ、その、何だ、
こうして兄弟として生まれたんだ、
どっちが先に生まれたかなんて気にせず、手を取り合って生きてこうじゃないか。

The Comedy of Errors (間違いの喜劇) Act V, Scene 1

 

Why, nothing
comes amiss, so money comes withal.

なに、何事も金次第でうまくいくのだ。

The Taming of the Shrew (じゃじゃ馬ならし)

 

※ Photo by 不明 (Souvenir Program for The King and I) [Public domain], via Wikimedia Commons

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる