シェイクスピアの名言・人生訓の一覧


劇作家 ウィリアム・シェイクスピアの作品には数多くの名言・至言が含まれ、誰もが知っているフレーズも数多くありますが、さほど有名でないちょっとしたフレーズの中にも、普遍的で真に迫る「隠れた名言」が沢山あります。これはシェイクスピアを読む楽しみのひとつと言えるでしょう。

Taming of the Shrew

 

Neither a borrower nor a lender be;
For loan oft loses both itself and friend,
And borrowing dulls the edge of husbandry.

金は借りてもいけないし、貸してもいけない。
金を貸せば、貸した金と友人とを同時に失う。
金を借りれば倹約の感覚が麻痺してしまう。
The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark Act I, Scene 3

 

Our doubts are traitors
And make us lose the good we oft might win
By fearing to attempt.
疑念というものはさながら逆臣のように
勝ち取り得た成果を失わせるのだ、
怯懦というものによって。
Measure for Measure Act I, Scene 4

 

There are more things in heaven and earth, Horatio,
Than are dreamt of in your philosophy.
この世にはたくさんの物事があるのだよ、ホレイショよ、
お前の哲学が描く夢の世界よりもたくさんのものがね。
The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark Act I, Scene 5

 

Therefore, since brevity is the soul of wit,
And tediousness the limbs and outward flourishes,
簡潔さこそが知恵にとっての命であり、
長たらしい口上など枝葉末節、装飾に過ぎない。
The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark Act II, Scene 2

※「ハムレット」では以下のように続きます ――
Therefore, since brevity is the soul of wit,
And tediousness the limbs and outward flourishes,
I will be brief. Your noble son is mad.
「ですから私も率直に申し上げます。あなたのご子息は狂っておいでなのです」

 

When sorrows come, they come not single spies.
But in battalions!
悲しみがやってくるときは、単独でひっそりと来るのではなく、
大挙して軍勢でやってくるものだ。
The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark Act IV, Scene 5

 

Why then, can one desire too much of a good thing?
それなら、良い物はあればあるだけ欲しいとは思わないかい。
As You Like It Act IV, Scene 1

※「too much of a good thing」は、今日ではもっぱら「過ぎたるはなお何とやら」といった意味で使われます。

 

An honest tale speeds best being plainly told.
偽らざる告白は、飾り立てずに語られたとき最もうまくゆく。
History of Richard III Act IV, Scene 4

 

Mark you this, Bassanio,
The devil can cite Scripture for his purpose.

よく覚えておけ、バッサーニオよ、
悪魔は目的を遂げるためならば聖書の一節すら口にし得るのだ。
The Merchant of Venice Act I, Scene 3

 

The miserable have no other medicine
But only hope:
I’ve hope to live, and am prepared to die.
不幸を治す薬など他にありはしないのだ、
ただ希望という薬の他は。
私は生きる希望を持っている。そして死ぬ用意ができている。
Measure for Measure Act III, Scene 1

 

ほんの数行のセリフだけで、ドラマティックな劇の一旦が垣間見えるようです。
※ Photo by William Luson Thomas [Public domain], via Wikimedia Commons

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる