「戦争」に関する名言で学ぶ英語「bury(葬る)」


USMC-101110-M-HZ646-003

bury /béri/ は、「葬る」や「埋める」などと訳される単語です。派生的な意味として、「没頭する」や「物思いに耽る」などの意味を持つこともあります。「現実から目を背ける」という意味の、「bury oneself’s head in the sand」というイディオムもあります。

「bury」は「バリー」や「ブリー」などと発音してしまいがちですが、「berry」と全く同じ、「ベリ」に近い発音です。「bury」の派生語の「burial」は、「ベリアル」に近い発音になります。

▼「bury」を含む名言

In peace sons bury fathers, but in war fathers bury sons.

平和な時には、息子が父を葬る。しかし、戦争になると、父が息子を葬る。

Herodotus「The Histories(歴史)」より引用

「エジプトはナイルのたまもの」の言葉でも有名な、古代ギリシャの歴史学者、ヘロドトス(BC484-BC425)の名言です。「歴史」はヨーロッパ最古の歴史書ともいわれています。

ところで、日米開戦前夜に和平交渉に尽力した外交官、来栖三郎の一族が眠る墓には、ヘロドトスの上の名言を刻んだ石碑が建てられています。この石碑は、来栖三郎が太平洋戦争で亡くなった息子のために建てた石碑だといいます。

Photo by English: Cpl. Austin Hazard [Public domain], via Wikimedia Commons

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる