希望が持てる名言で学ぶ英語「architect(設計者)」


Earthrise Revisited 2013

architect /άɚkətèkt/ は「設計者」や「建築家」などを意味する単語です。何かを作り上げる人という意味で、比喩的に用いられることもあります。

下の名言で用いられている「the architect of one’s destiny(fortunes)」は成句となっており、一般的な会話でも用いられることがあります。

▼「architect」を含む名言

Man alone, of all creatures of earth, can change his thought pattern and become the architect of his destiny.

ただ人類だけが、この地球上の全ての生き物の中で、自分自身の考え方を変えることができ、運命を切り拓いていくことができるのです。

Kimball SW(1969)「Miracle of Forgiveness」より引用

ウィリアム・ジェームズやアルベルト・シュバイツァー、アッピウス・クラウディウス・カエクスなどの名言として、類似の言葉が広く知られていますが、上に引用したのはスペンサー・キンボールという人物の言葉で、出典が明らかになっています。

キンボールは、末日聖徒イエス•キリスト教会(モルモン教会)の第12代大管長を務めた人物です。なお、キンボールの言葉としては、以下の言葉もよく知られています。

‘Soul mates’ are fiction and an illusion; and while every young man and young woman will seek with all diligence and prayerfulness to find a mate with whom life can be most compatible and beautiful, yet it is certain that almost any good man and any good woman can have happiness and a successful marriage if both are willing to pay the price.

「ソウルメイト」の概念は偽りであり、幻想です。若い男女はみな、人生をともに素晴らしく過ごすことができるパートナーを非常に熱心に、信心深く追い求めるものですが、お互いに犠牲を払う覚悟さえできていれば、ほとんど全てのよき男性とよき女性は、幸せで素晴らしい結婚生活を送れるものです。

By NASA Scientific Visualization Studio. [Public domain], via Wikimedia Commons

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる
(Visited 613 times, 1 visits today)