歴史上の有名な名言で学ぶ英語「administer(治める)」


Yonezawajou001

administer /ədmínɪstɚ/ は「治める」「運営する」「執行する」などと訳される単語です。医学・薬学の分野では、薬などを「投与する」という特殊な意味で使われることもあります。

「administer」の語源は、「~に」を意味する接頭辞「ad-」と、「仕える」を意味する「ministrare」というラテン語に遡れます。さらに「ministrare」の語源を遡ると、小さいという意味の「mini-」という要素を含んでいます。

「治める」「運営する」「執行する」という語義からは、権力を持って「大きく」振る舞うという印象がありますが、実際には「小さく」かしこまって仕えるという意味を持つ単語ということになります。

▼「administer」を含む名言

The state is inherited from one’s ancestors and passed on to one’s descendants; it should not be administered selfishly.

The people belong to the state; they should not be administered selfishly.

The lord exists for the sake of the state and the people: the state and the people do not exist for the sake of the lord.

一、国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして我私すべき物にはこれ無く候
一、人民は国家に属したる人民にして我私すべき物にはこれ無く候
一、国家人民の為に立たる君にて君の為に立たる国家人民にはこれ無く候

英訳はRavinia M(1995)「State-Building and Political Economy in Early-Modern Japan」より引用
原文はWikipedia日本語版より引用

これは、江戸時代の米沢藩中興の祖として今もなお尊敬を集める上杉治憲(鷹山)が、養子の上杉治広に藩主の座を継ぐにあたって残した心得です。一般的に「伝国の辞」として知られています。

人民の上に立って国を治める、すなわち「administer」する君主は、国や人民を自分のものとして扱うのではなく、むしろそれらのために力を尽くすべきだとする教えです。「administer」の「小さい」や「仕える」という原義にも通じる教えといえます。

By The original uploader was 日本語版ウィキペディアのSatoshinさん (Transferred from ja.wikipedia to Commons.) [GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる