英語で日付の「年月日」を並べる順番 – アメリカ式表記とイギリス式表記


英語の日付けの書き方には、大きく「アメリカ式」と「イギリス式」の2種類があります。どちらの表記を使用するか確認する必要があります。

アメリカ式の表記では「曜日、月、日、年」の順序で表記します。
イギリス式の表記では「曜日、日、月、年」の順序で表記します。(日と月が逆になります)

calender

記載する内容により、次のようなパターンがあります。

アメリカ式表記
(1) Wednesday, March 21 2012(曜日、月、日、年)
(2) March 21 2012 (月、日、年)
(3) March 21 (月、日)

イギリス式表記
(1) Wednesday, 21 March 2012 (曜日、日、月、年)
(2) 21 March 2012 (日、月、年)
(3) 21 March (日、月)

曜日の表記を省略したり (例:Wednesday → Wed.)、月を省略したり (例:March → Mar.)することも一般的に行われています。

また、日付を数字だけで表記することも可能です。
数字だけで表す際には、スラッシュを用いて「3/21/2012」のように表記したり、ハイフンを用いて「3-21-2012」のように記載することがあります。

ただし、数字だけで日付を表記する場合、日にちによっては、どちらが「月」でどちらが「日」なのかが非常に分かりにくくなります。
混乱を招かないようにするには、月を数字でなくアルファベットで明示するのがよいでしょう。

 

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる