ニュートンの名言で学ぶ英語「giant(巨人)」


Thomas Rowlandson - Three Clerical Scholars - Google Art Project

giant /dʒάɪənt/ は神話や伝説などに登場する「巨人」を意味する単語です。転じて、「大男」のように実際に巨大な体を持った人物や、「偉人」や「大物」のような大きな存在感を持つ人物を指すこともあります。

「巨大な」を意味する「gigantic」は、「giant」の形容詞形です。ちなみに、女性の巨人は「giantess」という単語で表され、「ジャイアンテス」に近い発音です。

▼「giant」を含む名言

If I have seen further it is by standing on the shoulders of giants.

もし私が遠くを見ていたならば、それは巨人の肩の上に立っていたからだ。

(1676年、ロバート・フック宛の書簡に書かれた文章の文法を現代風に直したもの)

物理学者、アイザック・ニュートンが手紙に書いた文章です。彼のオリジナルの言葉だとされることもありますが、実際には12世紀のフランスの「シャルトルのベルナール(Bernard of Chartres)」まで遡ることができるといいます。

ここでいう「giants(巨人)」とは象徴的な存在で、「人類の叡知」や「人類の学問の積み重ね」などと言い換えることができます。新たな発見は、それ以前になされた発見があったために行うことができたという、科学の本質を表した言葉としてしばしば引用されます。論文検索サービスの「Google Scholar」でも、「Stand on the shoulders of giants.(巨人の肩の上に立つ」が標語としてトップページに掲げられています。

関連サイト:
Sir Isaac Newton – BBC learning English

Thomas Rowlandson [Public domain or Public domain], via Wikimedia Commons

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる