「友達」「友人」に関する名言で学ぶ英単語「bail(保釈)」


bail /béɪl/ は、主に「救い出す」「保釈させる」と訳される単語です。

「bail A out(Aを救い出す、保釈させる)」または「bail A out of B(AをBから救い出す、保釈させる)」の形でよく用いられます。「bail out of A」とすると「Aから脱する」という意味になります。

▼「bail」を含む名言

When you’re in jail, a good friend will be trying to bail you out. A best friend will be in the cell next to you saying, ‘Damn, that was fun’.
君が牢屋にいる時、「良い友達」は君をそこから救い出そうとするだろう。でも「一番の友達」は、きっと君の隣の独房にいて、君にこう言うだろう。「ちくしょう、ありゃ楽しかったなぁ!」

アメリカのコメディアン、グルーチョ・マルクス(1890-1977)の名言です。2014年1月の時点で、Webサイト「goodreads」で約8千人に「お気に入り」されています。より人気度の高い彼の名言には、以下のものがあります。

Outside of a dog, a book is man’s best friend. Inside of a dog it’s too dark to read.
犬がいなかったとすれば、人類の最良の友は本だろう。犬の中に入ったら、きっと暗すぎて本が読めないだろう。

(”A dog is a man’s best friend”のパロディで、意味の異なる「outside」と「inside」を対比させた洒落)

I find television very educating. Every time somebody turns on the set, I go into the other room and read a book.”
テレビは教育にとても良いと思うよ。誰かがそのスイッチを入れるたびに、私は別の部屋に行って読書するからね。

出典:https://www.goodreads.com/author/quotes/43244.Groucho_Marx

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる