ディズニー映画の名言で学ぶ英単語「grieve(嘆き悲しむ)」


grieve /gríːv/ は、主に「嘆き悲しむ」「心痛する」と訳される英単語です。

「grieve」は、「sad」よりもより深い悲しみを表します。ラテン語の「gravis(重い)」に由来する語なので、重苦しい心を表現する時に用いられます。なお、「grieve」の名詞形は「grief」です。

▼「grieve」を含む名言

No matter how your heart is grieving. If you keep on believing. The dream that you wish will come true.

どんなに心が痛んでも、信じ続ければ、あなたの夢はきっと叶う。

ディズニー映画「シンデレラ(1950年)」の曲、「A Dream is A Wish Your Heart Makes(夢はひそかに)」の一節です。「grieve」「grieving」と「believing」が韻を踏んでいます。

この曲の日本語版では、「たとえ辛い時も信じていれば夢は叶うもの」という歌詞になっています。

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる