英単語のアクセントと母音、子音の関係


英語には母音と子音の2種類の音がありますが、アクセントは子音のみの音節に置かれることはなく、必ず母音を含む音節に置かれます。したがって、母音を1つしか含まない単語では、必然的にその母音を含む音節にアクセントが置かれることになります。

しかし、アクセントの位置を間違えないためには、「アクセントが母音のみ」ということを意識すると同時に、母音と子音を正確に判別することが必要です。例えば、「strength(強さ)」は、「s」や「t」をカタカナの「ス」や「ト」のように発音してしまうと、母音が付加され、そこにアクセントがあると思ってしまうおそれがあります。実際には、この単語では「e」が唯一の母音で、そこにアクセントが置かれます。

また、単独で母音を表すアルファベットは「a」「i」「u」「e」「o」の5つですが、その他に「y」の字が子音ではなく母音を表す場合があり、「y」の字を含む音節にアクセントが置かれる可能性があります。

例えば、以下の単語がその例にあたります。発音記号を見ると、母音の「a」や「i」が含まれていることが分かります。

fly /flάɪ/
supply /səplάɪ/
imply /ɪmplάɪ/
sympathy /símpəθi/

また、一般的にアクセントと呼ばれている「第一アクセント」のほか、その次に強く発音される「第二アクセント」も、必ず母音を含む音節に置かれます。ここでもう一つ法則があります。それは「第一アクセントや第二アクセントが置かれない母音は弱く発音される」という法則です。例えば、「about(~について)」という単語は、発音記号では「əbάʊt」と表記され、「o」の綴りにアクセントが置かれます。この単語では、最初の「a」はほとんど発音されず、「曖昧母音(ə)」になります。このような例は、多くの単語で見られます。

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる