間違えやすい「í」と「íː」の発音


「L」と「R」や「TH」と「S」の区別などに比べて、「í」の発音が難しいといわれることはあまりありません。しかし、日本人の多くは、「í」を正しく発音できていないともいいます。

▼「í」と「íː」の混同に注意

日本人が「í」を発音した場合、ネイティブには「íː」と聞こえることが多いといいます。「íː」の発音は日本語の「イー」に近く、「eat」や「east」など、英語の「ea」の綴りに対応することが多い発音です。「í」の発音は、日本語の「イ」の発音とは異なっています。

「í」を発音するには、日本語の「イ」よりもやや口を大きく開き、その状態で「イ」と「エ」の中間的な音を鈍く発音します。発音する際に、舌はやや後ろに引くようにします。「íː」の発音では自然と舌が前に出るので、舌の動きを意識することがコツです。

ただし、この時に「イとエの中間の音を出す」ことを意識して発音してしまうと、舌が緊張してしまい、正しい「í」の発音になりません。舌の力を抜いて、自然に「イとエの中間の音」が出るようにします。

▼注意すべき単語の組み合わせ

「í」の発音がうまくできていないと、左の単語を言いたいのに、右の単語に聞こえてしまうことが多いので、注意が必要です。

hill/heal
(丘/癒す)

lid/lead
(蓋/導く)

live/leave
(住む/去る)

rich/reach
(金持ちの/達する)

sick/seek
(病気の/探す)

sit/seat
(座る/座席)

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる