英語と日本語の「メール (mail)」の意味の違い


日本語でも「メール」という語が一般的になっていますが、
英語の「mail」と日本語の「メール」が違う意味を指している場合があるため実際に使用される状況などから意味を判断する必要があります。

▼日本語の「メール」
日本語で「メール」という場合、携帯メールやパソコンから送る電子メールなどを指すことが一般的です。
英語圏では、携帯から送る短いメールのことは「text message」や、「SMS」と言います。
「Text」は携帯メールを送るという意味の動詞にもなります。
例:Text me when you get home.(家に着いたらメールして、の意)

▼英語の「mail」
英語の「mail」は一義的に「郵便,郵便制度」または「郵便物」のことを指します。
また、動詞で「郵送する」という意味もあります。

例:Could you send me a mail?(手紙を送っていただけますか?)
I’ll mail you the check tomorrow. (明日、あなたに小切手を郵送する)

英語で電子メールと言いたい場合は「mail」ではなく、「e-mail」と区別されることが多いようです。

例:Will you e-mail me later? (後で電子メールをもらえますか?)

 

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる