英語でお見舞いメールを送る際に使われる表現


英語でお見舞いメールを送る場合、何に対するお見舞い(病気・事故・災害など)なのかによって表現が変わってきます。今回は多くのお見舞いの場面で使用できる表現を紹介します。

▼多くの場合で使用できるお見舞い表現

  • I was surprised with~.(このたびは~に驚きました。)
  • I was shocked to hear that~.(あなたが~と伺い驚きました。)
  • I’m so sorry to hear that~.(あなたが~と聞き、大変心を痛めております。)
  • How are you feeling?(ご気分/ご容態はいかがですか?)
  • You must have experienced a painful feeling.(つらい思いをされている事と思います。)
  • It must be tough that you will be hospitalized for a month.(一ヶ月も入院されると伺いましたが大変ですね。)
  • I hope you will take good care of yourself.(十分にご静養下さい。)
  • I hope you will feel better soon.(早く良くなるといいですね。)
  • I sincerely hope that you will be making a quick recovery.(心よりご回復をお祈り申し上げます。)

    ▼例:事故のお見舞い

    Dear Mr.Smith

    I’m so sorry to hear that you were injured in a traffic accident.It must be tough that you will be hospitalized for a month.I hope you will take good care of yourself.
    I wish you could leave the hospital sooner.

    Best Regards,

    Taro Nihon

    スミス様
    あなたが交通事故に遭われたと聞き、大変心を痛めております。一ヶ月も入院されると伺いましたが、大変なことだろうと思います。
    十分にご静養下さい。一日も早く退院なさいますことをお祈り申し上げます。

    日本太郎

    英語であれ日本語であれ、表現の違いはありますが伝えるべき内容や書き方にあまり大きな差はないように思われます。英語のお見舞いメールでも相手を思いやり、心をこめた文章を作成することが大切でしょう。

    »覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる