英語のメールで緊急連絡をする際の表題のつけ方


英語のメールで緊急の連絡をする際、相手に早くメールを開封してもらえるよう表題のつけ方を工夫する必要があります。

▼書き方

件名に「緊急」を意味する「URGENT」/「Urgent」をつけます。

【○】良い例

  • URGENT: Cancellation of Order
    緊急:注文のキャンセル
  • URGENT:Request to Change Appointment
    緊急:約束日時の変更

上記のように表題を見ただけで用件がわかるような書き方が望ましいです。

【×】悪い例

  • Urgent!
    緊急!

    スパムメールに多い表現で、メールを開封してもらえない可能性があります。
    表題から何についてのメールであるかがわからないため、「Urgent」単独での使用は避けた方が良いです。
  • URGENT: CANCELLATION OF ORDER
  • 緊急:注文のキャンセル

    「URGENT」を大文字にして目立つようにする工夫はよく行われますが、
    タイトル全体を大文字にすると却って読みにくく、叫んでいるような印象を与えるためあまり好ましくありません。

緊急を要する件の場合はメールよりも電話の方が適切な場合があります。

緊急にメールを送らなければいけない場面はこちらの都合であることが多いため、
使用の際は相手を気遣った表現にする心遣いが必要です。

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる