英語のビジネスメールでは自分の名前をどこで名乗るのが良いか(結び、署名の際の注意点)


日本語のメールでは特に初めてやり取りする相手に対して、自分の名前を最初に名乗ることがほとんどですが、
英語のビジネスメールでは自分の名前を最初に名乗ることはほとんどしません。

代わりに、英語のビジネスメールを書く際は、メールの最後の部分で必ず署名をします。
署名には部署名や役職名が含まれることもあります。

英語圏では、ビジネス上のやり取りでもお互いを知ってからはラストネーム(苗字)ではなくファーストネームで呼び合うことが多いようです。
署名でもファーストネームのみにするのか、フルネームを名乗る方が良いのか、相手との関係性により変化します。

この時の注意点として、結語と署名の丁寧さを一致させる必要があります。
例えばあまり親しくない相手に、親密さが込められている「Best wishes」は使わない、と考える人もいるため
苗字で呼び合う間柄である場合、「Best wishes」はふさわしくないと感じる人もいます、

  • Yours sincerely,
    John Smith
    Human Resourse
  • Regards,
    John
    Human Resourse
  • Best wishes,
    John

また、相手の名前のみでメールを書き始めた時など、「Regards」などの結語を用いずに、署名を持って結びとすることもあります。

Richard

I received your message.

John

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる