英和・和英辞典

英語例文

英語類語

共起表現

英単語帳

英語力診断

英語翻訳

スマート翻訳smart.png

英語の勉強コラム


トップページ > 英文メールフォーマット・テンプレ > 英語のメールで追加情報の追記(追伸「ps」の活用)や注意書き・追加質問の記載方法

英語のメールで追加情報の追記(追伸「ps」の活用)や注意書き・追加質問の記載方法

英語のメールで追加情報を追記するときの表現方法は、それが使われる場面によって変わってきます。

▼追加情報を「追伸」で記載する方法:「ps/p.s.」の活用
日本で追加情報や相手に特に留意して欲しい内容がある場合によく使われる「ps(p.s.)」ですが、特にフォーマルなビジネスレターや英語のメールでの使用はあまり好ましくないとされています。

しかし英語のビジネスメールでは何度かやり取りのある親しい相手に対して、ちょっとした話題や最後に一言を添えたいときなど「ps」を使うことがあります。
(例:ビジネスに直接関係はないが、相手や自分にとって大きな出来事があった場合など)

PS: congratulations to Russian national soccer team for golden metal.
(ロシアのサッカーチームの金メダルおめでとうございます。)

この表現を使用する場合は署名の後に用います。

▼重要な追加情報・注意書きの記載方法

  • NOTE:/Note that~(注意)
  • CAUTION:(警告)
  • WARNING:(危険)

これらは明細書や商品の説明書などでよく見かける表現です。

▼英語のメールで追加質問や追加情報を記載するときの表現

  • Can I ask you one more thing?(もう一つ質問よろしいですか?)
  • Can I add one more thing?(もう一つ付け加えてもよろしいですか?)

情報や注意書きを追記したり追加の質問をする場合は、メールを差し出す相手やシチュエーションにあわせて上記で紹介した表現を使用してみてください。


This entry was posted on Friday, November 16th, 2012 at 4:06 pm and is filed under 英文メールフォーマット・テンプレ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

©2013 Weblio RSS