英語のメールで「すみません」「何度もすみません」「度々すみません」と謝る時の表現


英語のメールの文頭などで「すみません」「何度もすみません」「度々すみません」などと断りを入れたいときの表現を紹介します。

▼すみません
日本語では軽く断りを入れる意味でも「すみません」と謝る表現をよく使います。
しかし、英語でメールをやりとりする際に「sorry」など謝りの表現を多用してしまうと、自分に落ち度がないのに謝りすぎている頼りない印象を与えることがあります。
「sorry」の代わりに「Thank you」を使ったお礼の表現にしたり、「質問があります」など具体的な内容にする方が読む側にとっても負担の少ないメールになると言えるでしょう。

  • Can I have one more question?

    もう一つ質問よろしいですか?

下記のような言葉を添えることで相手への気遣いを示すことができます。

  • If you don’t mind(もしよろしければ)
  • May I…(~してもいいですか)

正し本当に自分側に落ち度がある際は何に対しての謝罪であるかを明確にした表現が必要となりますので注意が必要です。

▼「何度もすみません。」「度々すみません」

  • Sorry to keep bothering you.

    何度も迷惑をかけてすみませんの意
  • Sorry for taking your precious time.

    貴重なお時間を頂戴しすみません。

上記のような表現はやや大げさな感じが否めないため、「Thank you」を使った表現の方が簡潔でポジティブに聞こえます

  • Thank you for your help.
    Thank you for your time.

何度もやり取りがあり、相手をうんざりさせたくない時に使えるユーモアを込めた表現もあります。

  • It’s me again!

    また私です!
  • Just one more thing!

    もう一つだけ!
»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる