英語のビジネスメールの締めに使える表現:「引き続きよろしくお願いいたします」「今後ともよろしくお願いします」「ご協力感謝します」[Thank you for your cooperation]など


一般的に、英語のビジネスメールでは日本語でよく使う挨拶文などは省略される傾向があります。
しかし、英語のビジネスールでも「引き続き(今後とも)よろしくお願いいたします」「ご協力感謝します」などの表現を締めの部分で表現することは可能です。

▼「引き続きよろしくお願いいたします」「今後ともよろしくお願いします」
英語のビジネスメールでは既に起こったことについての感謝を表すことはありますが、
上記のような表現は日本語独特の言い回しで、英語圏ではあまり一般的でないようです。
あえて「引き続き」「今後とも」という意味を含めて訳すと以下のような表現がなります。

  • 「引き続き、御指導、御鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。」

    I appreciate your continued support and encouragement.

同じ未来を表す表現でも下記のような言い回しは英語圏でもよく使われます。

「ご活躍をお祈りします」

  • All the best of success!
  • Continued success,

▼「ご協力感謝します」
感謝の表現は英語のビジネスメールの結語にもよく用いられます。

  • ご協力ありがとうございます

    Thank you for your cooperation.
  • ご協力に感謝します

    I appreciate your cooperation.

応用で以下のような表現も使えます。

  • Many thanks
  • Kind thanks
  • Thanks again(本文がお礼の内容で、「最後にもう一度ありがとう」という意味)
  • Thank you for your help
  • Thank you for your kindness and consideration
  • Thanks in advance(頼みごとをしたメールの終わりに使う、「先にお礼を言っておきます」というような表現。押し付けがましく感じる人もいるようなので使い方には注意が必要です。)
  • Thank you for your attention to the request(何か頼みごとをして、相手が応じてくれた場合)
»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる