英語のメールでビジネスや友達とのやり取りをする際、件名(subject)欄には何を入れれば良いか


英語のメールでは件名部分のことを「subject line」と呼び、
ビジネスシーンはもちろん、友達とのやり取りなどプライベートなメールでも相手に確実にメールを受け取ってもらうための工夫する必要があります。
より具体的で簡潔にするため、前置詞など省略しても意味が通じる語は省略した表現が好まれるようです。

以下のような語はスパムメールと間違われる可能性があるため、単独で用いることは避けた方が良いでしょう。

  • Hi
  • How are you?
  • It’s ○○(名前)
  • Thank you
  • Your document
  • Invitaion
  • Important
  • Important Notice
  • Urgent!
  • Test
  • Notice
  • Reminder

上記のいずれの表現も、案件名や会社名などを続け具体的でわかりやすくする必要があります。

  • Thank you for your invitation
  • Your document No.123
  • Invitation from ABC company
  • Important Notice Regarding The ABC Program
  • URGENT: Project Manager Needed
  • Notice of Vacation Dates
  • Shipment Reminder

「Important(重要)」や「Urgent(緊急)」などはこちらの都合である場合が多く、
スパムメールでもよく見られる表現ですので、乱用は避けるべきでしょう。

»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる