英語のビジネスメールで何か頼みごとをする場合の「よろしくお願いします」「宜しくお願いします」「~をお願いします」と言う依頼表現、題名:「could you」「request」


英語では「よろしくお願いします」「宜しくお願いします」に直接対応する日本語はありません。
ビジネスメールなどで相手に何か頼みごとをする場合、「~をお願いします」、「~をお願いできますか」という表現で以下のようなものがあります。

  • ~していただけますか。
    Would you…?
  • ~していただけますか。(可能ですか?)
    Could you…?
  • ~したいのですが。
    I’d like to…
  • ~していただけるとありがたいのですが
    I would appreciate…

▼以下例文一覧

  • 彼が戻り次第電話をかけなおしていただけるようよろしくお願いします。
    Could you please ask him to call me when he gets back?
  • 納期がわかり次第ご連絡をよろしくお願いします。
    Would you inform me when you know the date of delivery?
  • 着払い(COD)でよろしくお願いします。
    I’d like to ask for COD.
  • メーリングリストから外していただけるようによろしくお願いします。
    I would appreciate it if you kindly took me off your mailing list.

▼依頼メールに使える題名
本文で何か相手に頼みごとをする場合、「お願い」「依頼」は「request」と表現されることが多いです。

  • Request for quotation(見積もりのお願い)
  • Request for payment(お支払いのお願い)
  • Request for confirmation(許可・確認のお願い)
»覚えた英語を、マンツーマン英会話の「無料体験」で、ちょっとだけ話してみる