英和・和英辞典

英語例文

英語類語

共起表現

英単語帳

英語力診断

英語翻訳

スマート翻訳smart.png

英語の勉強コラム


トップページ > 英文メールフォーマット・テンプレ > ビジネスメールを送る場合の基本的なルール:文末や語尾に使われる結語(結びの表現)「regards」「best regards」「best wishes」「sincerely」「thanks」「thank you」

ビジネスメールを送る場合の基本的なルール:文末や語尾に使われる結語(結びの表現)「regards」「best regards」「best wishes」「sincerely」「thanks」「thank you」

英語のビジネスメールを作成する際の基本のルールとして、メールの最後には結びの語が用いられます。友人とのメールとビジネスメールでは使われる表現は異なり、ビジネスメールでよく使われる結語には以下のようなものがあります。

  • regards
  • best regards
  • best wishes
  • sincerely
  • thanks
  • thank you

▼「regards」
ビジネスなどで初めてメールをやりとりする場合や、結びの語を考える時間がない時などに便利です。
簡潔でビジネスライクな印象を与えますので、
何度かやり取りをして、お互いの親密度が上がってからは以下に続くような表現の方が良いでしょう。

▼「best regards」「best wishes」
それぞれ「「よろしくお願いします。」や「ご多幸を。」などの意味が込められており、面識がある人のみに使います。
(名前もわからないような人に使うのは不自然)
これらの表現は堅苦しくなりすぎず、ビジネスでも使うことができ、とても便利です。
他に「best」と略したり、「kind regards」や「warmest regards」と言ったりもします。

▼「Sincerely」
よく教科書などに載っている「Sincerely」はとてもフォーマルな表現で、ビジネスレターなどフォーマルな場面で用いられます。
最近ではメールではあまり用いられないようです。
「Sincerely yours」(アメリカ)、「Yours sincerely」(イギリス)とも言います。

▼「Thanks」「Thank you」
これらの語も結語としてよく用いられます。
同じような意味で「Cheers」と言うこともあります。

結語を用いる際は以下のように使います。
1.先頭の一文字を大文字する
2.最後にコンマをつける
3.名前を伴って使う

Best regards,

John


This entry was posted on Friday, October 19th, 2012 at 4:15 pm and is filed under 英文メールフォーマット・テンプレ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

©2013 Weblio RSS